結婚式って意外と大変?式の3大要素をどうやって決める?

結婚式の日取りを決めるには・・・?

意外とスムーズに決まらないのは、結婚式の日取りです。自分たちの挙げたい季節や曜日を考えるのはもちろん、記念日や誕生日、特別な祝日にするのかなどを相談しましょう。しかし、いくら自分たちのこだわりが無くても、、両親がこだわりを持っている場合もあります。たとえば、大安・友引などの日に挙げてほしいという風な理想を持っておられる方もおられますので、一度確認してみましょう。特に、大安・友引・バレンタインデーなどは人気で。予約がかなり取りにくいです。なので、いくつか日取りの候補を考えておきましょう。

どんな内容にする・・・?

結婚式の内容は最も重要ですよね。まず、チャペルなのか神前なのかを考えましょう。そして、そのあとに自分たちのしたい結婚式の内容をつめていきましょう。たとえば、高級感のある式なのかアットホーム式なのかという風なものです。また、コーディネーターには、自分たちが絶対やりたい演出は早めに伝えるのがおすすめです。こだわりがあるのなら、BGMやテーマカラーなどの細部まで伝えるのが良いでしょう。すると、理想の結婚式に近づいた形で式を挙げられます。

式に誰を招くべき・・・?

結婚式に誰を呼ぶのかの基準はかなり難しいことです。一番大切なことは、招待する人を決める際に「私は呼ばれてなかった・・・」などと、周囲の人が不快に感じないように努めなければならないことです。今後に影響しないように、兄弟や職場の先輩に事前に聞いて、誰を呼んだのか知っておくこともいいでしょう。また、自分たちだけでなく、両親が呼びたい人がいる可能性もあります。なので、一度両親に聞いて見るのをおすすめします。

鶴岡八幡宮で結婚式をする目的は普段とは違った歴史を感じる場所で人生の記念日を飾るためで、満足できるように今後の計画を立てると効果的です。