意外と知られていない婚約についての知識アレコレ

口約束で婚約成立なんて大丈夫?

婚約は結婚の婚姻届のように役所などに届け出る義務がないので、いつから婚約成立とするかは一般的にプロポーズを受けた時点で成立となります。婚約の証として、日本では結納を交わす・婚約指輪を贈る・婚約式を行うなど周囲に立ち会ってもらったり報告を兼ねて行う方法が一般的ですが、上流階級のように婚約式を行うのは費用的にも難しいので指輪や結納が多いと思われます。例え口約束としても法的には問題が生じる可能性が高いので、浮気に注意して下さい。

結納では一体何をするの?

結納は家と家との結びつきを意識した行事で、本人同士の口約束を家同士の結びつきの約束に変化させる重要なポイントになります。ここでお互いの家の雰囲気や両親の考え方が表される大事な部分ですので、軽く考えずに形式ばっても問題はないのでキチンとした結納にします。地域によって微妙に違いがありますが、祝宴を挙げる風習が多く結納品をどうするのかはお互いの両親の話を聞いて、2人が上手く立ち回れるかの儀式的な意味も持っています。

婚約パーティについて

結納が終わったり両家の挨拶が完了して、婚約が成立した時点で友人を招いてカジュアルなパーティを行うカップルも増えています。基本的に婚約した2人がホストになり、ゲストを招待して立会人を立ててパーティするケースが多く、中には会社の同僚やお店の従業員で全員が一斉に休みが取れず結婚式に出席できない場合に行う場合もあります。日本ではまだ少数派ですが婚約パーティの出席者に婚約通知状を送って、パーティ出席のお礼にする事例もあります。

エンゲージリングとは俗に言う婚約指輪のことで男性から婚約の証として結婚を約束した女性に贈るものです。