世界は広い!あっと驚く個性あふれる結婚式3選

これが神聖な結婚式!?豪華で大騒ぎのインドの結婚式

多くの女性にとって、憧れの結婚式ですが、その思いは、生まれや育った国に関係なく、共通の思いなのではないでしょうか。そんな多くの憧れを受ける結婚式は、国の風習や文化が反映されているもの。国によってさまざまなスタイルがあります。日本の神前式も、海外の人から見ると、とても個性的な結婚式のようですが、世界には、まだまだ、さまざまな個性的な結婚式がありますよ。たとえば、インドの結婚式は、まさに派手婚と言えるスタイルです。結婚式から披露宴までの期間は1週間、場合によっては1ヶ月近くを要することがあります。そして、その内容はというと、新郎新婦をはじめゲストまで皆が華やかな衣装に包まれて、大名行列のようなパレードを行い、さらには、食べて、歌って、踊って、お金をばら撒いての、大騒ぎです。また、オープンな披露宴であることが多く、会場には、新郎新婦と全く関係のない通りがかりの人が参加していることも少なくないようですよ。

何でもご自由に!?インドネシアの結婚式

同じく豪華で個性的なのが、インドネシアの結婚式です。インドネシアの結婚式は、フリー退場スタイル。基本的に、ゲストは、好きな時間に帰ることになっています。日本のように、ゲストの人数に合わせてお料理を用意しているというスタイルではなく、会場にはバイキングスタイルのお料理が用意されていて、会場に行った人が好きなものを好きな分だけ食べて帰ってくることができます。会場には、招待客が友達などを連れて行くこともあり、予定外の人がいることも少なくないようですよ。さらに、ゲストは、日本で言う高砂席に座る新郎新婦に、好きなタイミングで挨拶をして、好きなときに戻ってくるということもあるようです。最近は日本でもカジュアルな形式の結婚式を取り入れる人も増えてきたとはいえ、インドネシアに比べると、まだまだ、堅苦しい雰囲気が残るスタイルのようにも感じてしまいますよね。

花嫁を射止めてしまう!ユグル族の結婚式は命がけ!?

中国の甘粛省にその多くが住む、テュルク・モンゴル系の少数民族、ユグル族の結婚式は、驚きの結婚式です。結婚式で、新郎が新婦を3回、矢で射ます。もちろん、安全のために、弓の先の金属のやじりははずされ、ゴム状のものに変えられてはいますが、日本では考えられない、個性的な結婚式ですよね。この矢を射る風習は、新郎と新婦の永遠の愛を願って行われるもので、ユグル族で、古くから伝えられているスタイルです。終了後には、その弓を全て折ることで、儀式が終わり、夫婦の永遠の愛が誓われます。

良い結婚式場をチョイスする場合には神戸北野の結婚式場です。都市部にあるのでアクセスも良好で素晴らしい結婚が可能です。